>

使える車はカーシェアリングビジネス

車を買うよりカーシェアリング

今や自分の資産として“自動車を購入する”という価値観が変わりつつあるということをご存知でしょうか。“自分で所有するもの”から“みんなでシェアする”という価値観は今や住居や服だけではなく、自動車も同様になってきています。マイカーリースやレンタカーなど所有しないで企業からサービスとして受ける消費者が多いのです。
また、自動車を高く買い取る事が売りの企業も多くなっています。企業は、高く買い取った自動車を再び中古として店頭に並べるだけではなく、カーシェアリングという新しいシステム・サービスとして消費者に提供していくのです。私たち、消費者側からすれば初期費用も維持費もないカーシェアリングを活用すれば自動車を1台買えるお金で、様々な車種の自動車に乗る事ができるのです。

カーシェアリングエコノミー

“シェアリングエコノミー”というサービスがSNSの発達する社会の中で話題となっています。“シェアリングエコノミー”とは、個人で保有する資の貸し出しを仲介するサービスのことをさし、貸主はその資産の活用で収入を得ることができ、借主は自分で資産を所有することなく自由に活用することができる仕組みになっているのです。
“カーシェアリング”は名前の通り自動車という資産を使ったサービスの形です。徐々に広まっているこのシステムは、“時間とお金をかけて所有する”よりも“必要になったときに借りる”というSNSが復旧した現代の価値観なのかもしれません。
元々はヨーロッパの非営利活動として普及したシステムですが、今やカーシェアリングの会員も120万人に上るのです。


この記事をシェアする