>

メリットとデメリット

レンタカーのメリットとデメリット

“カーシェアリング”と“レンタカー”には異なるサービスやシステムがありますが、同じようにシステムを利用する中でのメリットとデメリットもあります。
レンタカーのメリットは、“自動車の車種が豊富”ことや“遠方での公共交通機関にも手配できる”、何より“旅行先で便利”ということが大きく挙げられます。自動車好きの利用車に多く支持されています。また、旅先での利用については、急遽移動手段がなくなってしまった時でも、近くの公共交通機関に車両を手配することができます。引越しなども合わせて片道利用など乗り捨て可能なシステムがあります。
デメリットは、“手続きに時間がかかる”“ガソリンの満タン返しが手間”“慣れない車で不安”という点が多いです。長時間の利用もあるレンタカーは手続きで店に来店する必要があることや、基本的に6時間以下の利用は割高になることから旅行先を慣れない車で運転しなければならないことがあります。

カーシェアリングのメリットとデメリット

カーシェアリングのメリットは、“利用料金が安価”“駐車場料金が不要”“安価な基本使用料の中に保険が含まれている”など経済的な利点が多く見られています。
駐車場料金や自動車のメンテナンス費用を支払う必要もなくトータルで安価なのが特徴的です。予約は突然のキャンセルに料金を請求するところはほとんどなく、安心して日常的に利用することができるのです。
デメリットは、“借りたいときに借りられない時がある”“車を元の場所に戻すのが手間”“車内が汚れている時がある”が挙げられます。予約システムのカーシェアリングは、急に借りたいと思ってもレストランのように満席ですぐに借りられないことがあります。また、ステーションとよばれる決まった駐車場に返す必要があるため目的地によっては帰りが遠くなってしまうなんてこともあるかもしれません。車内は、管理者の清掃が入るわけではないので、利用者同士で清潔に保つ必要があります。


この記事をシェアする