>

話題のカーシェアリングとは

カーシェアリングとレンタカー

カーシェアリングもレンタカーは、どちらも自動車を購入しなくても必要になった時だけ、お金を払って一定の時間自動車を借りられるというところでは同じですが、システムや利用するサービスには違いがあります。
まず、カーシェアリングは事前の会員登録が必要です。決められた自動車を所定の駐車場にて会員間で共有し、使いたい時間に借りることができます。比較的料金が安価であるのも特徴です。車両トラブルが起こってしまったとしても、24時間のコールセンターが対応しているところも多く見られています。また、会員費用を支払うことで保険料やガソリン代もかかりません。
一方で、レンタカーは会員登録の必要なく、自動車の車種を選ぶことができることに加えて、喫煙車やそのほかオプションが豊富なのが特徴です。料金はカーシェアリングと比較すると割高ではありますが、目的や行き先などでどちらのシステムを利用するか検討するのが良いでしょう。

レンタカーとどちらがお得?

カーシェアリングとレンタカーについてご説明してきましたが、結局のところどちらがお得なのでしょうか。
結論からお伝えすると、ズバリ料金と使用する時間がポイントになります。基本的に保険料やガソリン代金などがかからないカーシェアリングはレンタカーに比べると割安です。また、レンタカーのように店頭での手続きもなく、インターネットで予約し自動車を確保できることや短時間でも使用できるというところがあります。使用する目的や行き先によっては、レンタカーの方が車の返し方が楽であったり、長時間での移動では割安になるといったこともあります。お持ちのプランから料金と使用する時間を考えどちらで自動車を使うか検討してみるのが良いでしょう。


この記事をシェアする