カーシェアリングとレンタカーの違い

旅先での利用以外にも様々な使い道があると言われる“カーシェアリング”を活用したことがありますか?日本でも都市部を中心に少しずつ増えてきていて、短い時間でも便利に活用できるので様々な目的で利用する人が増えてきていると言われています。
と、言われてもどのようにして使うものなのかわからない方も多いと思いますので説明していきましょう。
まず、使い方に関してはカーシェアリングは予約制です。会員登録をしてから、利用したい駐車場所へ空き状況を確認します。その後、車両や料金プランを選びます。予約ができたら、現地で車をシェアします。会員カードが車のドアロックキーとして使われているところが多いです。所定の位置に保管されたキーを取り出せば、カーシェアリングスタートです。
カーシェアリングは、会員間で決まった自動車を共有するサービスのことで、短時間で比較的安価に車を借りることができるのです。
また、1台の車を共有することで空気中に排出されるガスが削減されることから環境への影響にも効果があるのもカーシェアリングの特徴です。
ここでは、巷で話題となっている“カーシェアリング”についてご説明していきます。似たような“レンタカー”とはどんな違いがあるのかということから、実際はどちらがお得なのかといった情報も掲載していきます。今使用している車はありますか?“カーシェアリングビジネス”と言われる新しい注目のビジネスもピックアップしていますのでどうぞご覧ください。

話題のカーシェアリングとは

“カーシェアリング”と“レンタカー”には、また違ったサービスやシステムがあります。どちらも購入せずに自動車を決められた時間借りることができますが、果たしてどのシーンでどちらのサービスを活用した方がお得なのか等についてを確認していきましょう。

メリットとデメリット

便利なシステムやサービスにはメリットだけではなく、デメリットもつきものですよね。カーシェアリングとレンタカーを比較して、メリットとデメリットを具体例を挙げてご紹介します。 内容から、ご自身が立てた自動車を借りるプランにどちらがあっているのか考える参考になればと思います。

使える車はカーシェアリングビジネス

カーシェアリングは、SNSが普及している社会で始まる新しいビジネスでもあります。今や、“物を所有する”という考え方から“シェアする”という価値観に変わってきています。公共交通機関がより便利になり、駐車場や自動車の維持費用を負担するより使いたいとき使えることが快適な生活に繋がっている方も増えています。